てんかんが起こる原因

てんかんの原因は、実に様々です。
原因によって特発性てんかんと症候性てんかんに分けられます。
まず、特発性てんかんは、検査をしても異常が見つからなくて原因不明とされるてんかんです。
こちらの場合には、生まれた時からてんかんになりやすい傾向を持っていると言われています。
てんかんは、一般的に遺伝しないと考えられているのですが、この特発性てんかんの一部には、てんかんになりやすい傾向として遺伝的な要素があるとも言われています。

一方、症候性てんかんは、脳に障害が起きたり、脳の一部に損傷がついたことで起こります。
たとえば、出生時に脳に傷がついたり、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷、アルツハイマーなどが原因で脳に傷が付いたりした場合にも起こるてんかんです。

テグレトールはこのような転換の発作を予防するために、古くから使われているお薬です。
40年以上も前から用いられており、その恩恵を受けているてんかんの患者さんも多くいます。

現在では、テグレトールがネット販売もされるような時代にはなりましたが、やはり医薬品であることは確かですので、安易な服用法にならないためにも、ネット販売で入試した際に添付文書も熟読するようにしましょう。

ネット販売でテグレトールを購入している方で、医薬品についての疑問や不安などがあれば、事前に購入前に相談をするのが賢明だといえます。
添付文書には、正しい服用法や飲み合わせの注意、副作用についての注意喚起もかかれているので、しっかりと理解した上で服用をして下さい。
添付文書には、この医薬品の情報も詳しく掲載されているので、服用中はしっかりと保管をしておく必要もありますので、無くさないように注意をして下さい。