てんかんとは

てんかんとは、発作を繰り返す脳の病気で、年齢や性別などに関係なく、誰でも発病します。
手足をガクガクと一定のリズムで曲げ伸ばしをするけいれんと呼ばれる間代発作、手足がつっぱり身体を硬くする強直発作、非常に短い時間の意識消失が突然起こる欠神発作など、様々な発作があります。
てんかんの原因も色々ありますが、原因によって、突発性てんかんと症候性てんかんに分けることができます。
突発性てんかんは、検査をしても異常はなく、原因不明のてんかんで、赤ちゃんの頃からてんかんになりやすい傾向を持っている方に多いです。
症候性てんかんは、脳に障害が起きたり、脳の一部が傷ついて起こるてんかんです。
低酸素、脳炎、アルツハイマーなどが原因で脳が障害を受けた場合に起こります。
てんかん薬として、テグレトールがあります。
テグレトールは世界中で広く使われており、ネット販売もされているので比較的安価で購入しやすいお薬と言えます。
ネット販売も国内はもちろん、輸入などもあるので気をつけましょう。
テグレトールの添付文書は改訂されることがある為、注意が必要です。
添付文書には、服用の際に必ず読みましょう。
また、ネット販売が心配な方は、病院などで処方してもらうと良いでしょう。
てんかん薬を服用後、副作用がでる場合もあります。
めまい、眠気、アレルギー性皮膚反応、下痢、便秘、嘔吐などがあります。
副作用の症状が見られた場合、すぐに使用を止めて、担当医や薬剤師に相談・診察を受けましょう。
また、妊娠中の服用も可能ですが、慎重に使用することが大切です。
てんかん薬は、急に使用を中止すると、反動で重い発作を起こす可能性があります。
長い期間飲み続けることが必要なので、必ず添付文書記載の用法用量を守りましょう。

■テグレトールの事ならこのサイト
テグレトールを効果的に飲むために